①すずき小児科医院 院長 鈴木 正之 先生

取材日 2018/4/23

2016年12月からキエルキン500mlスプレーボトル1本、キエルキン専用噴霧器1台(26畳用)

20ℓバックインボックスを3ヶ月に1箱のペースで使用。(2018.4月時点)

①どのような場所・ケースで使用していますか?

 待合室で噴霧器を使っています。患者さん同士の院内感染の予防はもちろんですが、僕やスタッフへの感染予防という意味でも使ってます。

 診察室にボトルを置いて、手や口腔内の除菌でも使ってますね。時間が空いてる時に待合室のイスとかぬいぐるみ、トイレなんかにも使ってるね。

 個人的には食事前の手の除菌で使ったりもしてるよ。


②数ある除菌剤の中でキエルキンを選んだきっかけを教えて下さい。

 やっぱり次亜塩素酸の高い除菌力と安心面かなぁ。

うちの患者はやっぱり子供が多いし、感染症を多く扱っているからね。院内感染を防げる「安全で除菌力の高い」モノを探していて、キエルキンに出会った。

 キエルキンは「医療安全」の取り組みにも最適だと思った。


③今までの悩み、使ってみての感想。

 うちにとっては「何もない」っていうのが一番なんだよね。って言うのもキエルキンを使う前までは「ここの病院で風邪をうつされた。」とか言ってくる電話とかが何件かあったんだよね。思えば、キエルキンを使ってみてからは一切そういう電話はこなくなったね。

 あと、これは余談なんだけど、実は知人に「膵臓がん」の末期の方がいてね。抗がん剤の治療でウイルスとか菌への抵抗力が低くなっているから、その部屋にキエルキンの噴霧器を置いて使っているんだよ。おかけで今のところ何かに感染したということも無いから助かっているよ。

 もちろん、全部が全部キエルキンのおかげってわけじゃないけどね。(笑)


④今までの悩みや問題点は解決しましたか?

 解決したよ。だって「何もない」もの(笑)


⑤医師という立場から見て、キエルキンは他の商品と比べどこが良いと思いますか?

 無臭で除菌効果が高いというのが一番かな。

アルコールとかで空気感染を防ぐのは難しいし、単純に価格だけで比べたらアルコールとかの方が安いよ。

だけど、除菌、消臭、安全面とかの費用対効果で見ればキエルキンは全然安いよね。